屋良が語ります
ソニー生命に入社・・・・
---本日はよろしくお願いいたします。屋良さんがソニー生命を知ったきっかけを教えて下さい。
屋良---はい、前職時のお客さまがソニー生命の方でしたのでそれで知りました。生命保険業界の人がそうなのかは全く分かりませんが、身だしなみがしっかりしていて、人間力が高いと思いました。それからお話をした時に凄く物腰が柔らかく話しやすいと感じました。凄く人間力の高い人たちの集団かなと感じました。

---ライフプランナーになろうと思ったきっかけはどんな事でしょうか。
屋良---二点あります。前職のお客さまに経営者の方が多いという事もありましたが、車の説明をしっかりするだけではなく、買い方という点にも重点を置いていました。その事でお客さまから信頼をいただき、ご契約を貰う事が多くありました。現在も車の買い方で相談があります。
当時からもっとお客さまの役に立てる事があるのではと、考えていてたのですが、ソニー生命のライフプランナーが車を見に来た時に情報提供をしていたら、今までの車屋さんにはないお話を聞かせてもらったと凄く興味を持ってもらいました。話をしている内に、自分が持っている情報は凄く小さい内容だったことを気づかされ生命保険会社のイメージが変わりました。
それから、一軒家を買いたいと思った時にあるファイナンシャルプランナーに相談をしたのですが、明快な回答が得られず、別の人を探していた時にソニー生命のライフプランナーがいたと思い、お話しを聞くと適切なアドバイスをしたもらい衝撃を受けました。法人でもお客さまの役に立てますし、個人でも役に立てる生命保険会社の人は凄い、保険・金融のプロの集まりだと思いました。

---最終的に入社を決めた理由を教えてください。
屋良---保険会社イコール保障のお話という事は、一番大事なことだと思いますが、ライフプランナーは、保障以外の事もお話ができます。資産形成や相続対策などお客さまの役に立てる幅が、自分が思っていた範囲よりも圧倒的に多く色々な情報を提供できる凄い仕事だという事が分かりましたのでプロフェッショナルだなと思いました。生きる力もつけられ、守る力もつけられる。人生の話ができるのは、ライフプランナーだからこそという事が分かりましたので凄い業種だと感じたことでしょうか。
それから法人個人を問わずにお客さまの役に立てるのではないかと思った事です。個人はライフプランニング、法人は財務・税務などに関する幅広い知識のご提供です。法人・社長を守る事は会社を継続するという事です。さらに従業員の生活が豊かになっていく事ができると思いますので、皆が幸せになる為に法人が幸せになれば個人も幸せになると考えています。
そしてソニー生命ではオーダーメイドで生命保険を作っていきます。一人一人全く同じ商品を売る事がない、お客さまの気持ちに添った提案をお客様が選べるようにする事が仕事だと思い、素晴らしい事だと思いました。

屋良雄一とは、そしてライフプランナーとは・・・・

---屋良さんにとってライフプランナーとは、お客さまの人生を豊かにできる仕事だと仰っていますが。。
屋良---私も幸せになりたいですけど(笑)、一番大事だと思っている事は、お金という観点で見ると、人生を左右してしまう可能性がありますので、お客さまの事だけ考えて仕事をしなければいけないということです。ライフプランナーの仕事は、お客さまの幸せを見える化し、希望を叶えていきライフプランニングを通して安心を提供することですので、そのために精度を上げてもっと知識を増やして少しでもお客さまの役に立てればいいと思っています。

---屋良さんの長所を教えて下さい。
屋良---難しいですね、真面目で誠実で明るいと思います (笑)。お客さまの事だけを考えて仕事をするという事が自分の軸としてありますので、真剣にお客さんと向き合っています。
明るいのというのも、会話をしやすい雰囲気を提供できないとお客さまの気持ちも聞き取れないと思いますので、明るさとか親しみやすさが必要だと思います。

---それでは欠点は何でしょうか。
屋良---話が長くなることでしょうか。凄く、話が長いです。お話をしていると寄り道をしてしまいます。これは良い点に繋がってくれたらいいのですが。つい、自分の家庭の話をしてしまうこともあり結果的に話が長くなりますね。

生命保険とは・・・・

---屋良さんにとって生命保険とは何でしょうか。
屋良---大切な人を守る事ができる商品であり、お金の預け先でもある商品だと思っています。抽象的な言い方ですが、ソニー生命の入社時から『ラストラブレター』と教わっていますので、ラストラブレターがぴったりきます。
---ライフプランナーになって一番嬉しかった事は、どんな事でしょうか。
屋良---『ありがとう』『勉強になりました』『本当にこれで安心できました』『これからの人生を楽しくやっていけそう』という声は嬉しいですね。生きる力、生と死の話を両方しますので前職の時に比べて、ありがとうの重みが違うと感じています。本当にやり甲斐のあるとても良い仕事だと心の底から思っています。そして家族との時間を取れるようになったことです。前職の時は本当によく働いていたので(笑)。



---最後に、これからのお客様にメッセージをお願いします。
屋良---生命保険は、ネガティブイメージを持っている方が多くいらして、好きな人は余りいないと思います。好きではないのに何故加入しているのか?それは『大切な人を守るため』という想いがあるからだと思います。保険料を払うのであれば、家族を守れて欲しいですし、学資保険、年金保険のように子供の教育資金や自分の老後の為に準備している事を有効に活用して欲しいと思います。自分たちにあった、これからの人生の課題、ポイント、生きる力をしっかりとご提供できるよう、仕事をしていきたいと思いますので、100%とは言えませんが、私が持っている情報を一生懸命お伝えして、お客さまが少しでも豊な良い人生を送るお手伝いができれば良いと思っています。

(取材2019年 UMI)